自律神経失調症を治すには|正しい生活リズムを身に付けよう

医師

体調不良を整える

医者と看護師

自律神経の乱れ

若い世代を中心に増加している自律神経失調症は、不眠や疲労などさまざまな体調不良が襲ってくる症状があります。自律神経失調症の原因は、ストレスや不規則な生活が影響しています。交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうために症状が出てしまい、ずっとその症状に悩まされてしまうことになります。交感神経は本来日中に働く役割があり、活発な動きを促進してくれます。そして副交感神経は夜寝る前にリラックスした状態に働くので、十分な睡眠が取れるのです。しかし、この2つの神経が乱れるために、日中の動きが低下し、夜はなかなか眠りにつけなくなります。バランスが崩れるとここまで体調が変わってしまうため、自律神経失調症は改善していかなければいけません。自律神経失調症は内科や神経科、精神科や心療内科で対応してくれます。主に薬で症状を抑えていくようにするので、しばらく続けていくことが大切です。

治療で症状を抑える

病院では、薬によって自律神経のバランスを整えていく形が行われます。しばらく続けると症状も落ち着いてくるようになるので、通院をしながら経過を報告していきます。薬以外にもカウンセリングが行われ、会話を中心にストレス軽減や価値観の変化に結びつけるのが狙いです。また、自律神経失調症は再発しやすい特徴もあり、1度症状が良くなったとしても何らかのストレスがきっかけで戻ってしまいます。症状が治ってもストレスへの受け止め方がまだ分からない場合も多いので、上手く処理できないままでいるのは危険です。治療と同時に、ストレス耐性に関しても意識をしていかなければいけません。ストレスと上手く付き合っていくには、カウンセリングや日頃の診察でアドバイスがもらえます。神経質になり過ぎないことや、ストレス解消を積極的に行うなどしていけば上手く対処ができるようになります。

予防対策と羅患数の動き

患者と医者

肝臓がんを予防するには、1日1杯から2杯程度のコーヒーがおすすめです。肝臓がんの今後の動向は、例年とそう変わらないことが予想されます。肺がんなど急激に羅患数が増えているがんとは異なり、肝臓がんの患者数、死亡率は安定しています。

この記事の続きを読む

長く付き合っていく病気

看護師と患者

リウマチの治療の方法として手術による方法もありますが、若いころから発症した時には早い段階で手術に踏み切るという選択も考えていかなければなりません。世田谷にも若いうちに手術に踏み切る人もいます。体を動かすことも重要になってきます。

この記事の続きを読む

発見しにくいがんとは

男性医師

すい臓は周りを胃や十二指腸など様々な臓器に囲まれています。すい臓がんの初期は自覚症状がほとんどないので発見が遅れやすくなります。太い血管やリンパ節があるため全身に転移しやすい病気です。原因は過度の飲酒や喫煙、肥満、病気、遺伝などからです。治療は外科手術、化学療法、放射線、免疫療法などがあります。

この記事の続きを読む