自律神経失調症を治すには|正しい生活リズムを身に付けよう

医師

長く付き合っていく病気

看護師と患者

手術も検討

リウマチにより関節の破壊が進行してしまい歩行や食事、衣服の着脱や入浴、トイレなど一人でできなくなったときは、そろそろ手術を選択するほうが賢い選択といえます。世田谷でも手術によってリウマチを克服している人がいます。年齢も大きな判断の要素になってきますが、人工関節は20年程度で取り換えることが少なくありません。人工関節を一度入れて一生涯持たせるためには、なるべく遅い年齢のほうがいいということになりますが、40代や50代の働き盛りに痛みを我慢して不自由な生活を送って、60代に人生の峠を越えてから手術をするのはもったいないことです。リウマチは気長に付き合っていくものですから40代で手術に踏み切るという選択も大いに検討していかなければなりません。リウマチにかかって、若いうちから手術に踏み切っている人が世田谷にもいます。

体を動かして

関節の痛みから、体を動かすことをためらってしまう患者さんが世田谷にもいます。ですが骨や筋肉、関節や腱、靭帯が新陳代謝を行っていくためには、体を動かすことが欠かせません。新しい骨が作られていくためには骨に負荷を加えることが必要で、運動をしないとカルシウムが抜けてしまい骨がもろくなり、新しい骨も作られにくくなってきます。関節の軟骨の新陳代謝にとっても、歩くことが必要不可欠になってきます。痛いからと言って運動することをためらってはいけません。リウマチの痛みをとり、骨や関節破壊を食い止めるためには、発症の初期から薬物療法を行うといいでしょう。また、地道に体を動かすなどのリハビリテーション療法を続けていくことが大切になっています。世田谷においてもリウマチでも、積極的に体を動かして病気と闘っている人もいます。