自律神経失調症を治すには|正しい生活リズムを身に付けよう

医師

発見しにくいがんとは

男性医師

初期症状がない病気

すい臓は胃や十二指腸、胆のう、肝臓、脾臓などに囲まれている臓器です。これは膵液を分泌して十二指腸の食物の消化を助けたり、インスリンやグルカゴンなどの血糖値を調節するホルモンを分泌したりします。すい臓がんは高齢になるほど発症率が高くなる病気で初期はほとんど自覚症状がありません。そのため発見が遅れることが多く、その場合はかなり症状が進行していることがほとんどです。周りを様々な臓器に囲まれ、更に太い血管やリンパ節があるため全身に転移しやすいがんです。病状が進行すると食欲不振や腹痛、体重減少、黄疸などの症状が現れるようになります。しかしこれらの症状を直接すい臓がんと結びつけるのは難しく、それが病気発見を遅らせる原因ともなっています。

原因と治療法は

すい臓がんが起こる原因は、過度の喫煙や飲酒、肥満などが考えられます。慢性的な膵炎や糖尿病からすい臓がんを発症する場合もあります。また家族の中ですい臓がんになった人がいる場合、ほかの血縁者も発症しやすい病気です。このことからすい臓がんは遺伝も影響していることが考えられます。治療は外科療法で腫瘍を切除する方法が取られ、すい臓の一部や全摘出が行われます。周囲の臓器に転移している場合は臓器の一部とリンパ節も切除する場合があります。抗がん剤を使った化学療法や放射線治療も併用して行われます。特に放射線は痛みがひどい場合の局所進行すい臓がんの場合に使われます。また薬物を使って体の免疫細胞を活性化させてがんに対する抵抗力を強める免疫療法も行われる場合があります。